新着情報・プレスリリース

ジョブ・カードを採用面接で活用する「ジョブ・カード普及サポーター企業」を募集しています。

2012/07/05

 ジョブ・カード制度の推進に取り組んでいる全国各地の112カ所の商工会議所では、ジョブ・カードを採用面接の応募書類として活用するジョブ・カード普及サポーター企業を募集しています。
 ジョブ・カード普及サポーター企業として登録(登録料は無料)すると、希望により、企業名などが以下の厚生労働省のホームページで公表されますので、能力本位で人材を採用する企業であることをPRできます。
http://www.mhlw.go.jp/bunya/nouryoku/job_card01/index.html

 登録後にお願いするのは、以下の2つです。

  1. ハローワークでの求人申し込みの際は、応募書類としてジョブ・カードを指定するか、履歴書や職務経歴書のほかに、「ジョブ・カードも使用可能」である旨記載してください。
  2. 今後の参考とするため、ジョブ・カードの活用状況やジョブ・カードに関するアンケート調査をお願いする場合がありますので、その際は、ご協力をお願いします。

 また、ジョブ・カード普及サポーター企業のうち、有期実習型訓練などの職業訓練の実施を希望する企業に対し、地域ジョブ・カード(サポート)センターでは、訓練実施計画や評価シート、訓練カリキュラムの作成をはじめとした各種の申請手続きなどのお手伝いをしています。登録方法や職業訓練などの詳細は、最寄りの地域ジョブ・カードセンターにご相談ください。

 なお、これまでのジョブ・カード普及サポーター企業数は、以下のとおりです。

  • 平成24年度  4,665社(平成24年5月31日現在)
  • 平成23年度  12,322社(平成24年3月31日現在)