新着情報・プレスリリース

ジョブ・カード制度の職業訓練で正規雇用された方が16,000人を超えました。

2013/03/21

 全国各地の112カ所の商工会議所では、「人材育成・確保支援の拠点」としての地域ジョブ・カード(サポート)センターを設置し、ジョブ・カードを活用した職業訓練(有期実習型訓練および若者チャレンジ訓練、実践型人材養成システム)を実施する中小企業を支援しています。
 OJTとOff-JTを効果的に組み合わせた職業訓練を受講し、訓練終了後に正規雇用された方は16,093人(平成20年度からの累計。平成25年2月28日現在)となりました。正規雇用率は76.7%です。

有期実習型訓練

  1. 対象者
    1. 正社員の経験が少ない方(原則として、職業訓練を実施する分野で過去5年以内に概ね3年以上継続して正社員として働いたことがある方以外の方)として、ハローワークなどに配置されている登録キャリア・コンサルタントが認めた
    2. 新規学卒者(学校などを卒業・修了した後、訓練開始日に3カ月を経過していない方)
  2. 訓練期間
    1. 3カ月超6カ月以内(資格取得などの場合は1年)

若者チャレンジ訓練

35歳未満の若者であって、下記の1.、2.のいずれにも該当する方

  1. 対象者
    1. 過去5年以内に訓練を実施する分野で正社員として概ね3年以上継続して雇用されたことがない方などであって、ハローワークなどに配置されている登録キャリア・コンサルタントにより、若者チャレンジ訓練を受講することが適当と判断され、ジョブ・カードを交付された方
    2. 訓練を実施する事業主と期間の定めのある労働契約を締結する方、など
  2. 訓練期間
    1. 3カ月以上2年以内

実践型人材養成システム

  1. 対象者
    1. 新規学卒者を主とした15歳以上45歳未満の方
  2. 訓練期間
    1. 6カ月以上2年以内