企業から寄せられた声(文字情報)

株式会社ウィズネス

会社概要

所在地: 宮崎県宮崎市
業種: 生活関連サービス・娯楽業
資本金: 1,000万円
従業員数: 75人

訓練概要

訓練コース: 美容室アシスタントマネージャー
職種: 美容部員
訓練生数: 2人(2人を正社員採用) /td>
期間: 平成22年4月~10月
訓練種別: 実践型人材養成システム(基本型)

1.制度の活用に取り組んだ目的

株式会社ウィズネス
熱心なOJTの受講風景

 美容業界が持つ共通の悩みのひとつに、スタッフの定着率をいかに向上させるかということがあります。通常、美容室がスタッフを新規採用する場合は、美容専門学校を卒業した美容師免許の取得者から募集することになりますが、応募者のいずれもが技術、知識、接客術とも未熟の状態ですので、これをいかにして訓練するかが常に頭の痛い問題になっています。
 この問題の解決に当たり、これまで多くの美容室では、新規採用後に入社教育の一環として職業訓練校(宮崎美容技術開発協会)に委託訓練生として派遣するやり方が一般的となっています。しかし、この方法では訓練のための経費負担が大きいことから、派遣する人数を制限せざるを得ません。その結果、訓練生は「いつまで経っても自分のスキルアップが認められないのは、自分が美容師に向いていないのではないか…」と、早いうちに自ら判断して、美容師という職業そのものに見切りをつけてしまうケースが後を絶たず、これが定着率の悪化に繋がっているわけです。
 そこで、こうした、いわば“負のスパイラル”をいかに断ち切るかが業界全体の喫緊の課題となっている中で、今回のジョブ・カード制度の活用に至ったわけです。 具体的な導入目的としては、次の諸点をあげることができます。

(1)職業訓練校に派遣する経費などの負担を軽減できるので、これまでよりも多くの訓練生を育成できる。

(2)専門的教育訓練の実施により、訓練生のスキルアップとやる気を醸成できる。

(3)新規採用者の定着率が向上し、その結果、ベテラン美容師の負担軽減とステップアップに連動し、全体の定着率の向上を図れる。

2.具体的な取組内容

株式会社ウィズネス
Off-JT訓練にも熱が入る

 今回実施した具体的な訓練の流れは、次のとおりです。
(1)オリエンテーション(個人面談方式):説明

1.約6カ月にわたる職業訓練の意義・目的およびジョブ・カード制度の概要(ポイント=評価シートの丁寧な説明と活用)。

2.職務遂行のための基本能力が能力ユニット別、かつ、詳細に体系化されていて分かりやすく、身に付けるべき訓練目標が明確であること。

3.個人評価欄、企業評価欄の活用により、バランスの良い評価視点を保つことができること。

(2)訓練開始(ポイント=プロとしての最初の技術習得を鍛えるため、妥協は許さない)。

1.美容接客接遇座学:服装(身だしなみ)、立ち居振る舞い、言葉の操り方など、ロールプレィ方式を織り込んで学習。

2.美容受付業務実技:予約受付の段取り、シャンプースペースへの誘導、電話応対をロールプレィ方式により学習。

3.シャンプートリートメント実技・実習:シャンプースペースでのカウンセリングトーク、薬液選定、プレシャンプー、マッサージシャンプーの順に反復訓練(担当講師による厳しい指導・評価と徹底した反復訓練)。

(3)実務実習
(ポイント=専任スタイリストの指導を受けながら問題点を明確化し、訓練生、訓練講師に訓練日誌を通じて情報共有を徹底させる)。

1.カラー業務実技・実習:薬液知識、白髪染め、ファッションカラーの技術を習得(髪のコンディション把握には、高度な毛髪理論の学習も必要)。

(4)現場(美容室)実務実習
(ポイント=全て専任スタイリスト監督のもとに実習する)。

1.ワインディング業務実技・実習:カール理論、薬液特性、デザイン理論など様々なテクスチャーコントロールの基礎を学習。

2.ブロー業務実技・実習:ヘアドライからブローまで、様々な素材への対応や骨格補正を目的とした技術を習得。さらに、自分で判断し、思いどおりのデザインができるまで反復練習。 これらを大別して6項目の内容で訓練を実施しました。

(5)目標達成のための留意点

1.訓練日誌には当日のうちに欠かさず記入させること。

2.無遅刻・無欠勤を徹底させることによって、モチベーションの醸成と訓練環境を整備すること。

3.阻害要因とそれを乗り越えるための工夫

 昨今の新入社員は、業種を問わず離職率が高いといわれていますが、特にこの業界では、美容師という職業自体からリタイアするケースが高いことが特徴となっています。その理由は、他の職業(資格)と比べて格段に長いアシスタント期間が若者の働く意欲を削いでしまうのではないかと考えています。
 今回の訓練においても、訓練開始後、間もなく新人2人が理由も告げずに退社するという事態が発生しました。
 こうした現実の中で、挫折を免れ、生き残る新人が将来のサロンを背負って立つ人材に育つのだろうと期待しています。そして、そのための仕掛けとしては、職場環境の改善や充実はもとより、訓練に対する企業のスタンスやあるべき姿を徹底的に議論し、問題の解決策を見出さなければなりません。
 そこで、今回の訓練では、次のような仮説を立てて定着率の向上を目指しました。

(1)技能訓練の明確な目標とそれを実行するプランの確立があれば…。

(2)日々のサロンワークを繋ぎ、働く動機付けの浸透が図られれば…。

 そして、これらを具現化するため、訓練開始時に引き続いて中間で2回目のオリエンテーションを実施し、美容室に入社した意味の徹底した意識付けを行い、“目指す美容師になるには何をしなければならないか”ということを問いかけ、各人の目標に対する動機付けやそのためのアプローチ(本人の指針)について記述させ、同僚や上司の前で発表させました。
 さらに、訓練開始前にその都度、反復発表をさせ、「目標」→「達成させるプラン」→「実践」→「日々の反省と学習」という、ひとつの流れの中で訓練を実施しました。

4.制度の活用による具体的な効果

 今回の実践型人材養成システムの活用による訓練の取り組みにおいては、予期せぬ多くの事態に悩み、その対応に苦しむなど試行錯誤の連続でしたが、結果として訓練生とトレーナーなどとの間に信頼関係が構築され、相乗効果が生まれるまでに至りました。
 そして、何よりも、以下のようなことを実感したことは、大きな収穫でした。

(1)脱落者を生むことなく訓練を終了させるには、トレーナー同士が連携し、同志にならなければならない。

(2)日々成長する訓練生をトレーナーがしっかり見守ることにより、訓練生は尊敬できる先輩と出会うことができる。

(3)トレーナーも、日々成長する訓練生から人を育てる責任感と喜びを得ることができる。

実践型人材養成システム

PDFダウンロード

有期実習型訓練の概要