企業から寄せられた声(文字情報)

松浦鉄道株式会社

会社概要

所在地: 長崎県佐世保市
業種: 運輸業
資本金: 3億円
従業員数: 109人
URL: http://www.matutetu.com/

訓練概要

訓練コース: 甲種内燃車運転士養成コース
職種: 電車運転士
訓練生数: 6人(終了後に全員を正社員採用)
期間: 平成22年12月~23年9月
訓練種別: 有期実習型訓練(基本型)

1.制度の活用に取り組んだ目的

 当社は、昭和62年に設立して以来、「安全で、正確で、便利な、地域に密着した鉄道」を目指しています。営業区間は、長崎県の佐世保駅から佐賀県の有田駅を結ぶ93.8kmで、駅数は57駅、車輛数は26両を所有しています。
 運転士は国家資格を必要とする職業のため、当社でのこれまでの採用は、すでに資格を取得しているJRのOBやJRからの出向者の受け入れが中心であり、当社が独自に採用して育成したのは、年に1~2人でした。
 しかし、今後、大量の団塊世代の退職者が見込まれることから、早急に社内で運転士を育成する必要性に迫られていました。
 そうしたとき、佐世保商工会議所の広報誌でジョブ・カード制度のことを知り、若年者の雇用・育成に繋がる社会的意義と、運転士の育成に係るコスト面でのメリットを感じたことから、この制度を活用することに決めました。

2.具体的な取組内容

松浦鉄道株式会社
Off-JTを実施中を実施中の訓練生

 運転士を育成するためには、国家資格である動力車操縦者運転免許を取得しなければなりません。
 この資格を取得するための訓練体制を社内で構築することは、人的にも設備的にも当社にとってかなりの負担となることから、訓練の実施に当たっては、JR社員研修センターの運転講習や運転区所での技能講習など、JRの研修制度を組み込むことにしました。
 平成22年12月から実施した「甲種内燃車運転士養成コース」は、法令遵守、安全安心な鉄道運送事業を通じて社会貢献できる社会人を育成することを目的としました。
 訓練カリキュラムの作成に当たっては、運転士に必要な技能や知識を整理し、総訓練時間数は1,482時間、このうちOff-JTが1,179時間、OJTを303時間とし、訓練機関は10ヶ月に設定しました。
この有期実習型訓練を実施するためのカリキュラムの内容は、以下のような構成です。
(1)Off-JT

1)学科(社内)
鉄道接客講習、旅客営業規則、ディーゼ ル動車、内煙車運転講習過程事前学習

2)学科(社外)
鉄道一般、鉄道車両、運転法規、信号線路、内煙機関および鉄道電気、運転理論、検査修繕、作業安全

3)技能(社外)
基本講習、入出区点検、応急処置、乗務講習(基本、前期、後期、総合)

(2)OJT駅務業務実習、乗務(ハンドル)訓練、入出区点検、応急処置、運転審査

3.阻害要因とそれを乗り越えるための工夫

松浦鉄道株式会社
運転業務実習中の訓練生

 通常の有期実習型訓練の訓練期間は3カ月超6カ月以下ですが、当社の場合は、動力車操縦者運転免許という国家資格を取得しなければならないため、10カ月間という長期の訓練期間が必要でした。
 そのため、疾病等による欠勤が生じてしまうと、その後の訓練についていけなくなってしまいます。また、国家資格の取得の難しさもさることながら、講習を受ける前に行われる運転適性検査や医学適性検査をパスできなければ、国家試験の受験資格を喪失することになってしまいますので、心身ともに充実した健康管理を徹底しました。
 また、動力車操縦者運転免許という国家試験は、難度が非常に高く、簡単に取得できる資格ではありません。途中で脱落者を出さないためにも、訓練生に対して意識付けや訓練の目的が明確になるように指導しました。これにより、訓練生(6人)全員が共通した目的と堅い意志を持ち、前向きに取り組んでくれたと思います。
 訓練終了後の能力評価を行う評価シートの作成に当たっては、同業他社が行った事例がなかったため、「電車運転士の課業リスト」「ワンマン乗務における車掌業務」の能力ユニットの作成に苦慮しましたが、佐世保商工会議所の長崎県地域ジョブ・カードサポートセンターの制度普及推進員に支援してもらったため、何とか作成することができました。
 平成23年4月以降は、当社の担当が佐世保商工会議所から長崎商工会議所の長崎県地域ジョブ・カードセンターに変更になりましたが、訓練実施中のフォローや訓練終了後のキャリア形成促進助成金の支給申請などについて支援してもらえたため、スムーズに行うことができました。

4.制度の活用による具体的な効果

 ジョブ・カード制度を活用することにより、訓練生本人にとっては、国家資格の取得に向けた訓練を受講でき、かつ正社員を目指すためにキャリア・アップを図れること、加えて、当社としても、訓練終了後にキャリア形成促進助成金を受給できるため、訓練に係る経費の負担を軽減できるというメリットがあります。
 また、訓練による運転士育成の取り組みを社内報で広報することによって、全社員に対する訓練の重要性についての意識付けに繋がりました 。
 今回の訓練のために作成した訓練カリキュラムや事業内職業能力開発計画は、今後、他部門での技術力の向上などのための研修に活用していきたいと思います。

5.訓練生の感想(アンケート調査より)

(1)自分を磨くことに繋がり、キャリア・アップできたことは、一生の財産だと思います。

(2)技術や知識を身につけられたことは、従業員の労働意欲を駆り立て、キャリア・アップに繋がります。

(3)キャリア・アップできたことは、訓練生本人にみならず、会社にとっても生産性の向上に繋がりますので、一石二鳥だと思います。

(4)運転士の国家試験に合格できたので正社員として働くことができました。

(5)キャリア・アップできたので、正社員としての地位を確立できました。

(平成24年3月現在)

有期実習型訓練の概要

PDFダウンロード

有期実習型訓練の概要