企業から寄せられた声(文字情報)

朝日交通株式会社

会社概要

所在地: 新潟県新発田市
業種: 運輸業
資本金: 3,000万円
従業員数: 24人
URL: なし

訓練概要

訓練コース: タクシー乗務員養成コース
職種: タクシー運転手
訓練生数: 2人(終了後に2人とも正社員採用)
期間: 平成23年2月~6月
訓練種別: 有期実習型訓練(基本型)

1.制度の活用に取り組んだ目的

 当社は、昭和36(1961)年に創業したタクシー業の会社です。平成9(1997)年に中越企業グループに加入し、現在に至っています。
 中越企業グループは、貨物運送業を中心にサービス業や観光業などの会社で構成されています。グループ内には、タクシー会社が当社を含めて3社(7営業所)あり、新発田市方面を担当しているのが当社です。
 タクシー業は、乗務員の勤務時間が不規則であり、賃金も恵まれているとはいえない業種です。このような環境の中でも、賃金を多くもらえる乗務員もいます。つまり、教育を十分に行い、優秀な乗務員に育てることは、個人の生活と会社の安定に繋がります。そのために、期間を定めて十分な教育を受けさせ、乗務員としての特性を見抜くための時間が必要です。
 しかしながら、現在のタクシー業界では、時間も費用も十分にかける余裕がありません。そこで、「良質で優秀な従業員(乗務員)」を育てることを目的として、ジョブ・カード制度の有期実習型訓練を活用することにしました。
 この訓練には、中越企業グループ内の別のタクシー会社が一昨年から取り組んでいたことから、タクシー会社間の会議では、時間をかけて十分な教育ができるうえ、訓練にかかる費用に対する助成金制度もあることが話題となり、現在では、3社全てで取り組んでいます。

2.具体的な取組内容

朝日交通株式会社
OJTの実施風景

 タクシーの乗務員になるためには、2種免許が必要です。さらに、乗務員としての訓練が14日程度必要になります。これは、最低の時間ですが、普段は、十分な教育を行うことができません。 昨年実施した有期実習型訓練では、約3カ月間にわたって基本と応用を教え、自己採点させ、反省させ、間違ったことを反復練習させました。つまり、従来のような促成栽培ではなく、時間をかけてじっくりと育て上げることにしました。
 OJTは150時間、Off-JTは63時間の合計213時間に設定しました。OJTでは、同乗指導や路上訓練、車輌整備、売上管理、クレーム処理を実施しました。また、Off-JTは、オリエンテーションのほか、関連法令、営業の基本や旅客支援、地理・地勢、待機方法、保安関連、関連機関の理解、職業能力評価、普通2種免許の取得を「学科」として実施。お客様との応対要領と普通2種免許取得は「実技」として実施しました。
 社内の指導者は、タクシーの乗務経験が豊富で、配車主任などを歴任した営業所長が担当し、実践的な教育を行いました。

3.阻害要因とそれを乗り越えるための工夫

朝日交通株式会社
Off-JTの実施風景

 タクシー乗務は、勤務時間が不規則です。不規則な時間であるために、その時間帯でなければ教育できないこともあります。例えば、泊まり勤務の待機場所や深夜のお客様への対応など、数え挙げればきりがありません。 このような教育がなければ、乗務員としては勤まりません。このため、深夜の同乗訓練や深夜の待機場所の確認、飲酒されたお客様への対応などの訓練を行いました。これは、有期実習型訓練の範囲外の訓練として、管理者を中心にして教え込みました。
 有期実習型訓練の実施は、今回が初めてでしたが、中越企業グループに所属する他のタクシー会社が取り組んでいたことを参考にして進めました。また、多くの申請書類がありましたので、これらの書類への記載方法など、難しいこともありましたが、新潟県地域ジョブ・カードセンターの制度普及推進員の方からの適切なアドバイスや労働局の担当者の懇切丁寧な対応で乗り越えられました。

4.制度の活用による具体的な効果

 ほぼ同じ時期(訓練開始が1カ月違い)に、未経験だった2人を対象とした有期実習型訓練を実施し、いずれも正社員として採用しました。訓練終了後の勤務状況をみると、2人とも「良質で優秀な乗務員」に育ったと思います。ただし、この仕事は経験が大切です。このため、正社員として採用して半年ぐらい過ぎた頃から、既存の乗務員の売上げを超えるようになりました。
 このうちの1人には、将来、幹部社員として育ってもらうために、様々な資格取得にもチャレンジさせています。本年10月からは、乗務員から配車主任に昇格させる予定です。既存の乗務員の勤務年数などを考えた場合、このような措置は異例ですが、有期実習型訓練を通して十分な教育を受けており、それに応えた人物ですので、何ら問題ないと考えています。今回の有期実習型訓練を実施したことによって、将来有望な従業員を育成できたと確信しています。
 当社は、少人数で運営している会社ですので、「良質で優秀な乗務員」が増えれば、お客様から選んでもらえるタクシー会社になると信じています。今回の有期実習型訓練を受講した2人は、いずれもその見本になると思います。また、2人とも、タクシー乗務の未経験者でしたが、現在では売上げも伸びており、「転職が成功した」と言っています。

(平成24年7月現在)

有期実習型訓練の概要

PDFダウンロード

有期実習型訓練の概要