企業から寄せられた声(文字情報)

株式会社ブリティッシュカルチャーアカデミー

会社概要

所在地: 埼玉県川口市
業種: 教育・学習支援業
資本金: 2,600万円
従業員数: 60人
URL: http://www.british-ca.co.jp/

訓練概要

訓練コース: 営業事務サービス科
職種: 各種学校教員
訓練生数: 2人(終了後に2人とも正社員採用)
期間: 平成22年11月~23年3月
訓練種別: 有期実習型訓練(基本型)

1.制度の活用に取り組んだ目的

株式会社ブリティッシュカルチャーアカデミー
OJTの実施風景

 当社は、「英語を好きになる」ことから始め、「英語のできる子供を育てる」ことを目的として、平成元年12月に設立した英会話スクールです。現在は、いずれも川口市内にある本校と駅前校の2カ所で教えています。
 従業員数は60人で、講師、講師のアシスタントとも、それぞれ30人ずつです。社長をはじめとした日本人のスタッフは、全員が女性なのが特徴です。
 現在、約1,000人の生徒が在籍しています。クラスは、年少前(2歳)から年長クラス(小学校前)までの子供を対象とした少人数制とし、週5日間、毎日5時間ずつレッスンしています。子供たちに本当の英語を身に付けてもらうために、担任は全てネイティブの講師に任せています。教育方針としては、外国の文化や日常会話を通じ、「誰もが、無理なく、楽しく英語を身に付ける」ことをモットーにしています。
 こうした英語のレッスンに加え、数や世界文化、理科、音楽などの知識も学べるイマ―ジョン教育を取り入れています。その他、水曜日(隔週)はアート教室、木曜日(月1回)はスイミング教室、金曜日(毎週)は体操教室なども実施しています。
 当社では、従業員を採用するに当たり、「素直」「勉強好き」「プラス発想の人」ということを重視しています。丁度、優秀な社員を育成する研修制度を確立するための方策を検討していたところ、埼玉県商工会議所連合会の埼玉県地域ジョブ・カードセンターの制度普及推進員の方から、ジョブ・カード制度の有期実習型訓練の活用の案内がありました。 この訓練の仕組みや実施方法、必要な手続き、他社での活用事例などについての説明を聞いてみると、当社にふさわしいものであると思いましたので、有期実習型訓練を活用して、外人講師のアシスタントを養成することにしました。

2.具体的な取組内容

 今回の有期実習型訓練のOJTは364時間、Off-JTは94時間の合計458時間とし、約3カ月間の期間を設定しました。訓練実施計画や訓練カリキュラムなどの提出書類の作成に当たっては、最初は戸惑いがありましたが、埼玉県地域ジョブ・カードセンターの訓練コーディネーターの方の懇切丁寧な支援がありましたので、必要な手続きを進めることができました。
 営業の基礎と実務の習得や英会話のアシスタントの実務を習得するためのOJTでは、社内の6人の女性社員が講師を務めました。外人講師のアシスタントとなって、子供たちに英語を教えたり、外人講師とのコミュニケーションと子供たちのケアを図ることを中心としました。また、Off-JTは、社内では実施しないで、外部の教育機関を活用し、書類作成やデータの入力、集計、分析など、パソコンの習得に努めさせました。

3.阻害要因とそれを乗り越えるための工夫

 当社では、初めての取り組みでしたので、提出書類が多いことに加え、作成が難しいところもありましたが、訓練コーディネーターの方の他社での事例などを基にした適切なアドバイスがありましたので、非常に助かりました。
 また、OJTでは、前述したように社内の6人の女性社員が講師を務めました。自分自身の本来業務に加え、講師の業務を実施しなければならないため、それぞれのスケジュールを調整して対応しました。
 2人の訓練生は、ハローワークで募集しましたが、訓練開始予定日までになかなか集まりませんでした。そこで、訓練コーディネーターの方のアドバイスを基にして期間の変更届を提出し、2人を確保するまでに3カ月ほどかかりました。このため、当初の計画期間よりも遅れての開始となりましたので、期限までに訓練生を確実に確保できるようなシステムにしていただければと思います。

4.制度の活用による具体的な効果

 今回の有期実習型訓練を終了しての感想は、以下のとおりです。

(1)優秀な社員を採用できたこと。

(2)6人の女性社員がOJTの講師となって実施したので、自分の仕事の見直しができたこと。

(3)訓練の終了後、助成金が支給されたので、研修に係るコスト負担の軽減が図れたのはありがたかったこと。

 正社員として採用した元訓練生は、大変素直であり、約3カ月間の訓練によって当社の社員らしくなりました。この2人からは、「丁寧な研修であり、大変勉強になった」「幼稚園でのOJTの実施は楽しく、英語の必要性を実感した」などの感想が寄せられています。
 また、講師となった6人の女性社員は、自分の業務を振り返って勉強しなければなりませんでしたので、自己啓発に繋がったのは副次的な効果だと思います。
 今回の有期実習型訓練の活用を通じ、当社の研修制度の新しい切り口を発見できましたので、今後もジョブ・カード制度を活用したいと考えています。平成24年度は、5人の訓練生を対象として実施する予定です。

(平成24年8月現在)

有期実習型訓練の概要

PDFダウンロード

有期実習型訓練の概要