企業から寄せられた声(文字情報)

株式会社東江総業

会社概要

所在地: 新潟県新潟市
業種: 製造業
資本金: 300万円
従業員数: 30人

訓練概要

訓練コース: 車両内装部品組立養成コース
職種: 一般機械器具組立工
訓練生数: 3人(終了後に3人とも正社員採用)
期間: 平成23年7月~10月
訓練種別: 有期実習型訓練(基本型)

1.制度の活用に取り組んだ目的

株式会社東江総業
OJTの実施風景

 当社は、平成11年に製造業を営む会社として設立しました。当時は有限会社でしたが、6年後の平成17年に株式会社に組織変更しました。
現在は、鉄道車両の製造と修理、改造リニューアルを行っており、工場には車両の内装部を組み立てた多くの種類の部品を備えており、主に鉄道部品(内装部品)を組み立てています。
 当社では、技術力の向上と納期を守ることに力を入れており、従業員一人ひとりが安全で確実な仕事となるよう、前向きに取り組んでいますので、バランス良い方向で作業を進めています。さらに、技術力の向上を図るために、国家試験1級の技能検定の資格取得に向けた取り組みも行っています。
 しかしながら、当社の今後のことを考えると、高齢となった従業員の退職が予想されますので、次代を担う若手の従業員の育成が急務となっていました。
 こうした状況のもと、新潟県商工会議所連合会に設置されている新潟県地域ジョブ・カードセンターの企業開拓推進員の方が当社を訪問した際に、ジョブ・カード制度の有期実習型訓練について紹介してもらいました。
 当社の置かれた立場に立ちながら、親身になって相談に乗ってもらうとともに、同センターの主催による企業説明会にも参加しましたので、ジョブ・カード制度の有期実習型訓練に対する理解が深まりました。
 そこで、ジョブ・カード制度の有期実習型訓練を実施することによって、訓練生に少しでも早く確実に技術力を身に付けてもらうことができますので、当社での人材の育成に繋げられるというメリットを感じたことから、この制度を活用することにしました。

2.具体的な取組内容

株式会社東江総業
Off-JTの実施風景

 新潟県地域ジョブ・カードセンターの企業開拓推進員や訓練コーディネーターの方々の親切丁寧な指導のもと、下記のとおりの訓練カリキュラムを作成しました(詳細は、別添の「有期実習型訓練の概要」をご参照ください)。
(1)OJT・・・合計173時間
1)実習科目

1.表具・内装・塗装(80時間)

2.荷棚、手すり等の取付(60時間)

3.材料、工具、機器の使用(13時間)

4.作業完了後の清掃等(20時間)

(2)Off-JT・・・合計44時間
1)学科

1.働くことの心構え(4時間)

2.安全衛生、挨拶等(4時間)

3.車両艤装技術の概要(16時間)

2)実技

1.工具の使い方等(20時間)

(3)有期実習型訓練 総合計217時間
車両の内装工事は、基本の順番が大切です。このため、訓練カリキュラムの内容は、1.エアードリルでの穴明け、2.エアータッパーでのネジ切り、3.アルミの型材で合わせ細工を行うなどの順番とし、作業工具について1点ずつ訓練生に説明しました。併せて、訓練生の負担が重くならないように、時間を有効に活用して実施しました。  車両の内部の組立用の各種の工具の取り扱いについては、長年の経験を有する社長が自ら講師となって訓練生を指導しました。

3.阻害要因とそれを乗り越えるための工夫

 訓練実施計画の作成から有期実習型訓練の終了に至るまでには、問題がいくつかありました。特に問題となったのは、1.工具の種類が多すぎたこと、2.講師を務めた従業員の指導力が不足していたこと、3.取り扱う材料が多ったことでした。
 上記の1と3に対応するために、訓練のときは、基本となる材料を絞り、工具も材料に合わせて使用しました。例えば、Off-JTの講義の際には、取り扱う材料に合った工具を選びましたので、訓練生が理解しやすくなりました。また、加工実習を行うときは、材料をよく確かめて工具を選びましたので、訓練生は作業する意欲が高まってきたように感じました。さらに、訓練生が少しずつ慣れてきたら、工具を代えることによって、前向きに頑張ろうという意欲がわくような工夫に努めました。
 2については、講師を務める従業員の指導方法の構成について幹部社員で事前に協議し、対応策を検討しました。併せて、指導力が不足したり、通常業務に支障が生じないように、従業員同士でミーティングを行い、情報の共有化を図りながら、対応に努めました。
 こうしたことから、教育訓練は、講師を務めた従業員のみならず、全ての従業員のサポート体制の構築が必須となりますので、全従業員に「従業員を大切にする会社」という意識を深めてもらううえでも、全社一丸となって社員教育を行うことの重要性を実感しました。

4.制度の活用による具体的な効果

 ジョブ・カードの有期実習型訓練の素晴らしい点は、教育訓練を通じて若くて将来性のある3人の訓練生が鉄道車両の内装の技術を習得できましたので、何と言っても、当社のニーズに合った人材を採用できたことです。
 また、定量的な効果としては、教育と訓練は、講師を務めた従業員の負担が大きいことに加え、新たな経費負担が伴いましたが、国からの助成金の受給によってコスト負担を軽減できましたので、大変助かったことです。
 さらに、訓練生が実践的な作業を学んだことによって、約3カ月の訓練を終了した時点で非常に能力がアップしたことです。訓練日誌をみると、訓練生自身も、「やはり、経験に勝るものはないと実感しました」と報告しています。また、これからの私どもの指導に役立てたいと考え、訓練生に対しては、講師を務めた従業員の指導内容の良し悪しについいても、毎日の訓練日誌に記載するように指導したことです。
 こうしたことから、当社では、今後も、ジョブ・カード制度の有期実習型訓練を積極的に活用していきたいと考えています。

(平成24年11月現在)

有期実習型訓練の概要

PDFダウンロード

有期実習型訓練の概要