企業から寄せられた声(文字情報)

株式会社法道工務所

会社概要

所在地: 山口県下関市
業種: 製造業
資本金: 1,500万円
従業員数: 7人

訓練概要

訓練コース: 製缶工養成コース
職種: 製缶工
訓練生数: 第1回・1人(終了後に正社員採用)
第2回・1人(終了後に正社員採用)
期間: 第1回・平成21年5月~21年8月
第2回・平成23年12月~24年4月
訓練種別: 有期実習型訓練(いずれも基本型)

1.制度の活用に取り組んだ目的

株式会社法道工務所
クレーン操作演習(Off-JT)

 当社は、三菱重工業㈱下関造船所の大和町工場の構内協力会社として、昭和43年(1968年)に操業を開始しました。設備の営繕工事を主軸とし、甲板機械製造の一部を担い、火力発電所のエアヒーターのエレメント製造を請け負っています。
 平成21年5月には、エレメント製造ラインで1人の欠員が生じました。このように、新たな人材が必要になったときに、山口県地域ジョブ・カードセンターの制度普及推進員の方からの案内でジョブ・カード制度の有期実習型訓練のことを知りました。これは、人材を育てていくためには大変有効な制度だと思いましたので、早速、有期実習型訓練を活用することにしました。
 また、平成23年の秋以降は、エレメントの需要が急増し、新たな人材が必要になりましたので、有期実習型訓練を再び活用しました。

2.具体的な取組内容

 エレメントの製造工程では、クレーン操作や玉掛け、溶接、プレス機械、フォークリフトの運転など、作業が多岐にわたります。設備のトラブルも多く、製品の規格も多種であるために、製造工程を全てマスターするには、短くても5年かかります。
 1回目の訓練生は、NC機械の操作などの経験は多少あったものの、当社が求めている資格は未取得でした。2回目の訓練生も、様々な職種を経験していましたが、資格の取得状況は、1回目の訓練生と同様でした。2人とも、募集要項を見てクレーンや玉掛け、フォークリフト、溶接、ガス溶接などの資格を取得できることが魅力だったようです。
入社間もない新人に対し、これだけの資格を取得させるのは、会社としては大変な負担です。三菱構内では、無資格者の運転や作業は絶対に許されません。ジョブ・カード制度の有期実習型訓練の活用は、こういった問題を解消してくれました。また、資格の取得後は、必ず現場で演練を行い、技術を習得させることに努めました。
 有期実習型訓練は、資格取得の関係でそれぞれ3カ月間と4カ月間の2種類に分けて設定し、専務と現場の責任者が講師となって指導しました。また、2回目の訓練では、1回目の訓練を通じて採用した社員にも、訓練生を指導させました。特に、訓練日誌は、訓練生にとって、成長の過程を振り返ることができましたので、大変有効でした。
(1)OJT

1)エレメントの詰め込み実習
クレーンの操作をはじめ、機械の操作が主でしたので、慣れないうちはトラブルが起きるとパニックになり、手を切るなどの危険も多い作業です。トラブルの発生時の対応手順や過去の災害事例を教えながら、危険予知教育を実施しました。

2)仕上げ作業
グラインダー掛けによる仕上げ作業は、グラインダーの角度やスピードによって仕上がりが変化することを体験させることによって、品質管理のポイントを教育しました。そして、防錆油を吹き付ける装置に流す際は、クレーン操作がメインになりますので、荷振れによって製品をぶつけることがないように教育を徹底しました。

(2)Off-JT

1)就業規則と安全衛生教育
訓練生と就業規則の読み合わせをしました。過去にエレメントラインで起きた災害について説明し、危険予知訓練を実施しました。

2)エアヒーターとエレメント製品についての教育
エレメントラインで製造された製品が何に使われるかなどについて説明しました。

3)エレメントの詰め込み作業
機械の操作方法やトラブルが発生したときの対応や様々な機械の調整について教育しました。

4)アーク溶接
一般的なものから、登り溶接や上向き溶接、ビード書きについて順次、教育しました。

5)クレーン操作と玉掛けについての教育
フックを吊り荷の重心の真上にもってきて玉掛けを行い、地切りや巻き上げ、走行、横行、斜め走行、巻き下げ、接地を教育しました。また、荷の振れ止めについても教えました。

6)フォークリフトの運転教育
フォークリフトの運転や爪の平行度の確認、走行時の諸注意について教育しました。

3.阻害要因とそれを乗り越えるための工夫

 訓練実施計画届を訓練開始日の1カ月前までに雇用・能力開発機構(2回目の訓練では、山口労働局)に提出した後に、ハローワークで求人を募集し、訓練生として採用しました。当社が計画していた資格は、訓練生が既に取得していましたので、訓練カリキュラムを作成し直し、変更届を山口労働局に提出しなければなりませんでした。
 この提出書類の作成には大変戸惑いましたが、山口県地域ジョブ・カードセンターの訓練コーデイネーターの方からの適切なアドバイスを受けながら、フォローしてもらって対応しました。

4.制度の活用による具体的な効果

 様々な資格を早い段階で計画的に取得できたのは、メリットが大変大きかったと思います。資格の取得後の演練では、訓練生の技術が上達していくのが目に見えて分かったことも良かったことです。
 また、訓練日誌に記入することによって一日を振り返り、「何を学び」「どのような技術を習得できて」「何ができなかったか」などについて整理、確認できたことは、技術の上達に役立ったようです。
 ジョブ・カード制度の有期実習型訓練の活用によって、3カ月~4カ月の間でしたが、新入社員の成長を記録できました。もう少し経過したら、正社員として採用した元訓練生に対し、訓練日誌を見せようと思っています。こうしたことを実施するのは、訓練時を思い出し、初心に帰ってくれるのではないかと期待しているからです。

(平成25年2月現在)

有期実習型訓練の概要

PDFダウンロード

有期実習型訓練の概要

有期実習型訓練の概要