企業から寄せられた声(文字情報)

株式会社ぬちまーす

会社概要

所在地: 沖縄県うるま市
業種: 製造業
資本金: 2億1,000万円
従業員数: 45人
URL: http://www.nutima-su.jp

訓練概要

訓練コース: 営業・販売訓練コース
職種: 営業マン
訓練生数: 1人(終了後に正社員採用)
期間: 平成25年12月~26年5月
訓練種別: 有期実習型訓練(基本型)

1.制度の活用に取り組んだ目的

沖縄県うるま市にある社屋の全景
沖縄県うるま市にある社屋の全景

 当社は、ベンチャー高安(有)として平成9年に創業し、平成15年に現在の株式組織に変更しました。
 製塩業のほか、観光施設(ショップ、レストラン、観光ガイド)を運営している会社です。社名の「ぬちまーす」とは、沖縄の宮城島の海水100%から世界初の瞬間空中結晶製塩法によって生成されたミネラル海塩を意味します。この塩は、世界一ミネラルの多い塩として、平成12年にギネスにより認定されています。
 2年前までは、当社の経費に占める人件費の割合が高く、それが経営を圧迫していました。このような苦しい経営を乗り切るために、辞める社員がいても、すぐに後任を採用しないで、できるだけ社員全員が手分けして業務に従事するようにしてきました。そのためには、一人ひとりの社員の仕事力と人間力をアップさせる必要があると痛感していました。
 そのようなとき、ある会社の社長と食事する機会があり、会社経営の話になりました。当社では、売上の増加と経費の削減、さらには、社員の仕事力と人間力をアップさせるためにどのような教育をしたらよいのか、いろいろと模索しているという話をしたところ、「自分の会社では、沖縄商工会議所に設置されている沖縄県地域ジョブ・カードサポートセンターの制度普及推進員の方の支援を受けながら、ジョブ・カード制度の有期実習型訓練を活用して3人の社員を採用した」と、ジョブ・カード制度について紹介してもらいました。
 そこで、早速、沖縄県地域ジョブ・カードサポートセンターに連絡したうえ、訪問し、そこの制度普及推進員の方からジョブ・カード制度についての詳しい説明を聴きました。その説明を聴くと、訓練の実施前から訓練中、訓練の終了までの各段階で支援してもらえるとのことでしたので、実施することにしました。

2.具体的な取組内容

 OJTは730時間、Off-JTは164時間の合計894時間とし、訓練の期間は6カ月間に設定しました。
 訓練の指導者は、主に勤続17年目のベテランの営業部長と直販のショップの主任、通販4年目のショップの店長のほか、必要に応じて社長や工場長なども務めました。Off-JTの実技は、沖縄県産業振興公社が開催したセミナーなどを受講させました。
 当初、沖縄労働局に提出する申請書類は、面倒でわずらわしいと思っていましたが、制度普及推進員の方から申請書類の雛型を提供してもらうなど、丁寧に分かりやすく指導してもらいました。このような申請書類の作成は、初めての経験でしたので、制度普及推進員の方と沖縄労働局の担当職員の方に対して支援を仰ぎながら、申請書類の作成、提出に努めました。申請書類の作成は複雑でしたので、このような支援がなかったら、途中で断念したのではないかと思っています。
 このように、制度普及推進員の方と沖縄労働局の担当職員の方の対応は非常によく、ジョブ・カード制度の有期実習型訓練を活用してもらうために、当社のような中小企業の担当者を最大限にサポートしてもらいましたので、とても感謝しています。

3.阻害要因とそれを乗り越えるための工夫

 申請書類は、制度普及推進員の方に雛型を提供してもらいましたので、この雛型に沿って、当社の業務内容にマッチするように変更しました。このため、困ったことは、あまりありませんでした。
 有期実習型訓練を実施するに当たっては、訓練を指導する社員だけでは時間が合わないときや忙しいときがありましたので、他の上司とベテラン社員の合計3人の社員にも指導してもらいました。
 訓練は、指導してもらいながら仕事に従事する、つまり、実際の業務に従事することは、即、訓練になりましたので、訓練生も指導者も楽しく訓練を実施できたと思います。

4.制度の活用による具体的な効果

社内で実施したOff-JTの様子
社内で実施したOff-JTの様子

 有期実習型訓練を実施する前と実施した後で変わったことは、訓練を受講したことによって、仕事を覚えただけではなく、要領よく、正確に、仕事に従事する訓練にもなったと思います。
 訓練生は職場での自分の役割と責任を最初から認識できていたようでしたので、やる気があることを態度で示しました。こうしたことは、他の社員に対しても、良い影響を与え、ほとんどの社員が緊張感をもって仕事をするようになりました。
 この有期実習型訓練の効果は、1人の訓練生だけではなく、その後に実施した複数の者を対象とした有期実習型訓練の終了後に正社員として採用したことにより、複数の若い社員の力が会社に新しい風を入れましたので、会社全体の仕事力のアップに良い影響を与えたと思っています。
 また、有期実習型訓練を実施する過程では、日々の業務に従事するだけではなく、いかに緊張感をもって仕事に取り組むことが重要かについて学ばせたことが大きかったと思います。その結果、3年前には57人いた社員は、現在では45人にスリム化したこともあり、当社の業績はだいぶよくなりました。

(平成26年11月現在)

有期実習型訓練の概要

PDFダウンロード

有期実習型訓練の概要