企業から寄せられた声(文字情報)

株式会社晃祐堂

会社概要

所在地: 広島県安芸郡熊野町
業種: 日本筆、化粧筆の製造・販売
資本金: 1,000万円
従業員数: 300人
URL: http://www.koyudo.co.jp/docs/index.htm

訓練概要

コース名: 熊野筆製造コース
職種: 熊野筆製造作業職
訓練生数: 1人(終了後に正社員採用)
期間: 平成27年12月~28年6月
種別: 有期実習型訓練(キャリアアップ型)

1.制度の活用に取り組んだ目的

長い行程を経てつくられた「熊野筆」
長い行程を経てつくられた「熊野筆」

 熊野町は、四方を海抜500mほどの山々に囲まれた小さな高原盆地にある町です。
 人口25,000人のうち、2,500人が「筆」に関わる仕事に携わっており、筆づくりの職人(筆司)が1,500人います。その中で、名人として伝産法(伝統的工芸品産業の振興に関する法律)によって認定された「伝統工芸士」は22人です。
 当社は、昭和53年4月に書道筆の製造会社として創業し、平成2年7月に株式会社に組織変更しました。
 熊野町に広島本社と書道筆工場、化粧工房、化粧筆工場があるほか、東京支店(東京都千代田区)、別会社(中国とベトナム、香港)があります。社員は300人で、このうち、3人が伝統工芸士に認定されています。
 当社では、職人気質の社員が多かったために教育体制の構築に迷っていたときに、広島商工会議所の広島県地域ジョブ・カードセンターの制度普及推進員の方が来社し、人材の育成・確保に役立つというジョブ・カード制度の有期実習型訓練を紹介してもらったことから、その実施について検討しました。
 その結果、主力となる先輩社員は業務に追われて多忙でしたので、訓練を指導するための時間を捻出できるかが大きな課題として浮かび上がりました。しかしながら、当社の将来の柱となる優秀な社員を育てるためには、生産に充てる時間を犠牲にしても、社員教育が必要だと判断し、有期実習型訓練を実施することにしました。

2.具体的な取組内容

Off-JTの実施風景
Off-JTの実施風景

 有期実習型訓練は、1人の有期契約社員を対象者とした6カ月間の「熊野筆製造コース」としました。
 訓練計画を作成する第一歩としては、職業能力の要件を洗い出し、整理することから始めました。
 筆のうち、特に日本筆の製造工程は、「選毛」から始まり、「毛組み」「火熨斗」「毛揉み」「毛揃え」「逆毛・すれ毛取り」「寸切り」「練り混ぜ」「芯立て」「衣毛巻」「糸締め」「くり込み」「仕上げ」「銘彫刻」までと、長い工程を経て1本の筆を仕上げます。
 このため、訓練カリキュラムの作成に当たっては、伝統工芸士に認定されている当社の工場長ととともに、「最も効果を上げるためにはどのような内容にするか」「訓練の指導は誰が担当するのか」について検討を重ねました。
 最も苦心したのは、評価シートの「Ⅲ.技能・技術に関する能力(2)専門的事項」の部分でした。職業能力の国民的評価基準といっても、OJTの評価項目としては、作業職一般の評価項目だけでは本当に評価したいものが不明確になってしまうからです。しかし、制度普及推進員の方からの指導がありましたので、何とか仕上げることができました。
 その結果、訓練期間は6カ月間、総訓練時間は560時間とし、Off-JTが60時間、OJTは500時間の有期実習型訓練としました。

3.阻害要因とそれを乗り越えるための工夫

OJTの実施風景
OJTの実施風景

 当社には、社員教育に関するマニュアルがありませんでしたので、前述したように、訓練カリキュラムと評価シートの作成に苦心しましたが、制度普及推進員の方のアドバイスを得ながら、基本的な作成手順を踏むことによって、初めてとしては納得のいくものができたと思います。
 実際に訓練を開始してみると、訓練を指導した5人の先輩社員の負担が想定以上に重かったために、訓練の指導者のスケジュール調整には大変苦慮しましたが、お互いにカバーすることによって対応しました。
 また、Off-JTには、業務経験が浅い訓練生にとって難解な科目がありましたので、理解を得るのには苦心することがありました。これに関しては、「Off-JT ⇒ OJT ⇒ Off-JT ⇒ OJT」といったように、Off-JTとOJTを繰り返すことによって理解させることができました。

4.制度の活用による具体的な効果

 今回、初めて実施した有期実習型訓練は、「ジョブ・カードを活用した職業訓練」であるということから、緊張感をもって実施できましたので、経営者、訓練の指導者、訓練生ともども意識の高揚につながりました。
 特にOJTでは、訓練を指導した先輩社員からいろいろな実務を教えてもらい、「OJTで実践したことが理論を中心としたOff-JTの科目の理解に役立つ」といったケースもしばしばありました。また、Off-JTでは「安全衛生」と「職業能力基礎知識」の習得に多くの時間を割いたことは、非常に有意義であったと思います。
 このように、「知る、分かる、できる」のイメージに基づいて作成した訓練カリキュラムによって、各作業工程での教育目標を復習させることができました。加えて、訓練計画は、当社の責任者が全員で検討して作成したことによって、「教育の重要性と必要性」という意識が幹部社員に生まれました。
 今後も、有期実習型訓練を活用して1人でも多くの「筆司」を育て、その中から1人でも多くの「伝統工芸士」を育成していきたいと考えています。

<事務局追記>

 熊野町で製造している日本筆と画筆、化粧筆は、いずれも全国生産の80%以上を占めています。
 筆の原料となる動物の毛は、主にヤギと馬、いたち、鹿、タヌキなどで、そのほとんどは中国や北アメリカから輸入しています。また、筆の軸は、台湾と韓国から輸入したり、岡山県と島根県から仕入れています。
 このように、製品の原料は全て他所からの移入に頼りながらも、地域の主産業として支えてきたのは、22人の伝統工芸士を頂点とした1,500人の筆づくりの職人である『筆司』たちの卓越した技術力です。
 なお、熊野筆事業協同組合に加入している同社を含めた5社の化粧筆事業者が制作した「熊野筆チークブラシ」は、先に開催された伊勢志摩サミットで現地に来訪したG7の各国代表団とプレス関係者に対する記念品に選ばれました。
 

(平成28年6月現在)

有期実習型訓練の概要

PDFダウンロード

有期実習型訓練の概要